FC2ブログ
資産運用試行錯誤
 私の資産運用におけるポートフォリオなどを試行錯誤していくための記録です。主にインデックス運用を行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「生活防衛資金」について
木村剛さんの「投資戦略の発想法」という本において投資をする前提で必要なものとして「生活防衛資金」として生活費の2年分をキャッシュ(預金や国債)を投資資金とは別に持っておくことを薦めています。

 私もこの考えに賛同して生活費の2年分を定期預金や国債に分離して保持しています。

 確かに全資産を投資に回すことによってより効率よく資産運用ができるとは思います。

 しかし、このようなフルインベストな状態で株安、債権安、過剰な円高などの経済災害に対して生活が脅かされることがあっていいのでしょうか。私はそこまでして投資をしたくありません。

 投資は「ギャンブル」とは思いません。しかしそれは自分の生活を守りつつ金融商品を分散して行って初めて「投資」であると思います。そうでなければ「投機」つまりギャンブルでしかありません。

 私も参考にしている内藤忍さんの「内藤忍の資産設計塾」ではアセット・アロケーションや金融商品の利用法については非常に役立つ内容ですが、ただ一つ賛同しかねる点では「効率的な運用」という理由でフルインベストメント(3ヶ月程度の生活費はキャッシュで持つようにと述べられていますが、私はフルインベストメントと思っています。)を勧めている点です。

 それ以外にもさまざまな局面でおカネが必要になるときはあります。それを支払うための資金も投資資金だとちょうどそのときに損を抱えていたときにはダメージになるのではないでしょうか。それこそ投資どころではないですよね。

 多少の投資のロスはあっても生活の安定上「生活防衛資金」は安心して投資していく上では必要なものではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fundshikousakugo.blog89.fc2.com/tb.php/8-43728d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。