資産運用試行錯誤
 私の資産運用におけるポートフォリオなどを試行錯誤していくための記録です。主にインデックス運用を行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セゾン投信が格安(?)投信発売へ
今日の日本経済新聞の記事によるとクレディセゾンがカード会員への投資信託の直接販売に乗り出すそうです。

この記事では、米バンガード社のファンドをまとめた「ファンド・オブ・ファンズ」の商品を発売するとのことですが、もう少し様子を見たほうがいいと私は思います。

確かにバンガードのファンドは現在マネックス証券のみが扱い、本来の信託報酬に加え、約0.6%の「口座管理手数料」がかかります。そのため、本来バンガードの投資信託は非常に信託報酬が安いのですが、これが高くついてしまうのがネックです。
また、バンガードのファンドを集めたファンド・オブ・ファンズ「トヨタアセット・バンガード株式ファンド」も同社から発売されていますが、これも信託報酬は高くついてしまいます。

 子会社であるセゾン投信が発売する投資信託は実際の商品のラインナップを見るまでなんとも言えません。

 新聞記事では商品供給を受けるのがバンガード以外にさわかみ投信(さわかみ投信はファンド「さわかみファンド」しか発売していないのでさわかみファンドを仕入れることになると思われます)からも仕入れるとのことなので、期待する商品としては

 バンガードのファンドのみを集めたファンド

のみですね。国内株式投資信託では、インデックスファンドとETFに投資しており、アクティブファンドであるさわかみファンドを含んだファンドは私は必要ありません。バンガードのファンドを集めたファンド・オブ・ファンズで、現在あるトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドよりも安い信託報酬で、できれば信託財産留保額がゼロであればなおありがたいと思います。

 もし上記のようなファンドであるならば、現在楽天証券で買えるアメリカのS&P500 ETF(iShares S&P 500 Index  ティッカー:ivv)へのリレー投資にも使えます。私は現在
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドからivvへのリレー投資をしていますが、これを切り替えることによって信託報酬を節約できます。

 本当にこの1年で投資先の選択幅が広がったような気がします。これがもっと広がってより投資家にとってリーズナブルな商品が広がるといいなと個人的には感じます。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fundshikousakugo.blog89.fc2.com/tb.php/5-14bcb213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
水瀬さんが取り上げている「セゾン投信」にちょっと一言。(セゾン投信の概要については水瀬さんのブログ記事参照のこと)私はファンド・オブ・ファンズに対してとても否定的。セゾン投信とやらのポートフォリオが
2007/01/17(水) 10:13:27 | Aから始める:企業価値に基づく投資
私が良く訪問しているブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」と「rennyの備忘録」にセゾン投信(サイトは準備中)の新商品情報が掲載されていた。どうやら、
2007/01/17(水) 11:06:10 | ホンネの資産運用セミナー
FujiSankei Business i. 金融・証券/クレディセゾン 投信販...
2007/01/22(月) 19:08:31 | かえるの気長な生活日記。
さわかみファンド投信の業務停止命令とは?
2007/02/08(木) 21:24:03 | さわかみファンドweb さわ か み 投信や信託などの証券情報sawakamicomへようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。